Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっ、あれなんや!

大阪に住んでいる親戚のおじさんが来ている。
さすがお笑いの本番の大阪のおじさんはやる事なす事みんなおもしろい。
一番好きだったのは、観覧車を指さして、
「あっ、あれなんや!おやまゆ〜えんち〜」
(もちろんあのポーズをしながら)

というギャグ。
スポンサーサイト

空中除震システム (多分)

くうちゅうでゆれをころす
アゼンタ ダンサーシステム Afmo


多分アゼンタがメーカーでAfmoが商品名。
用途は不明。
同じメモにきだたろーと書いてあるが全く思い出せず。

こどもスケッチ

農村で、あぜ道に座り込んでいる3人の子供たちをスケッチしている。
季節はずれで、青々とした風景はなく、刈り取られたあとの田んぼが広がっている。
子供たちは子供たちらしい活発さはなく、静かに座り込んでいるだけだった。

一人の子供が、「ただ座り込んでいるおらたちを描いたって、活動絵画(アニメのこと)にはならないだろう・・・」と僕に向かって呟いた。

そうだ、僕はアニメ作家だったのだ。

夢のスーパープレー

体育館の客席からサルとシロクマのバスケットの試合を見ている。
サルとクマはそれぞれゼッケンをつけている。
終了間際で、シロクマが1点差でサルにリードしている。

しかし、サルが試合終了の笛と同時にスーパープレーを見せた。

サイドのラインを大きく割ったボールに飛びつき、着地する前にボールを
上空(ゴール位の高さ)にいるサルに鋭いパスを出す。
すると二匹目のサルがゴールのすぐそばの空中にいるサルにさきほどよりは短いパスを出す。
3匹目のサルは空中でパスを受け取って、その場で宙返りをしながらゴール真上にいる
4匹目にパスを出し、4匹目は勢いよくダンクシュートしたのだ。

このスーパープレーでサルチームは土壇場の大逆転勝利を収めた。
サルたちは大喜び。

シロクマのチームの一番でかいやつがチームメイトの一回り小さなクマをたたいていた。
くやしさからなのだろうが、みみっちいなと思った。
数回たたかれてから、「整列しなきゃ・・・」みたいな感じで、小さいほうのクマがゆっくり歩き出していた。

気がつくと、座敷の大広間にいて、クマもサルもしらないおじさんもぼくもみんな集まって宴会してた。

巨大な穴

前の夢の続き(一部)なんだけど


女の子と一緒に男の子を追いかけていると、広場のようなところに
巨大な穴があってその周りに粗末な小屋がいくつも並んでいるところへでた。

巨大な穴の内側は木の板で張ってあり、直径は25mほどもある。
底は見えないほどだ(というより、穴はすり鉢状になっている上、あまり縁のところまでは近寄れなかった)。

竹箒を持った人々がばらばらに穴の周りをはいていたり、ものを運んだりしている。
「ほらほら邪魔だよ!」
なんて言われる。

穴にでかい木の枝が落ちてしまう。木の枝はずるずると落ちていくが、
底に落ちる音は聞こえない。

ぼくは少女に
「いじめられたらすぐに言うんだよ。俺が懲らしめてあげるから。」
といって、
「うん、わかった。ありがとう。
と少女は応えた。



男の子に対して暴力的な制裁を行おうとしていたことは
近頃読んでいた明日のジョーに影響を受けていると思う。
あと、巨大な穴は昨日ちらっとだけ見た砂の女に影響されてるだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。